CHECK

初めての注文住宅で悩んでる?そんな方に家づくりの基本ポイントを教えます!

当サイトは初めての注文住宅で悩んでる方向けに、家づくりの基本ポイントを教えています。
建てて良かった思えるような理想の家を建てたいのなら、ぜひ参考にしてみてください。
注文建築の住宅のキッチン選びにはデザインや収納、それからお手入れのどのようなポイントが大事なのかというテーマでも情報をご紹介しています。
それに加えて日常生活にトイレは必要不可欠であるため、せっかく注文建築の住宅にするならトイレにもこだわり取り入れることの重要性にも触れています。

初めての注文住宅で悩んでる?そんな方に家づくりの基本ポイントを教えます!

注文住宅を建てるのが初めてで悩みがあるというひとは多いのではないでしょうか。
長く住み続けることのできる納得の家づくりをするためには何といっても資産価値や安全性、居住性が基本ポイントです。
もし売却する必要がでてきたときにすぐに売れなければ、資産として役に立たない可能性があります。
また注文住宅は安全に暮らせるようなものでなくてはなりません。
災害に強い家にするのがおすすめです。
それから住みやすさも長く住み続けられるかを左右します。

最初は大まかでもいい!自分や家族が希望する注文住宅の形をシミュレーションする!

注文住宅を建てる時には、どのような家にしたいのかを家族皆で話し合って少しずつ決めていきます。
最初はそれぞれが大まかな要望を出してきますが、ある程度の希望が出そろったらより具体的にしていかなければなりません。
皆意見を取り入れるためにシミュレーションをしてみる必要があり、色々と考えていくうちにどちらかの意見しか取り入れられないという事態も発生します。
そうなった時に何を基準に選ぶのかも大事なポイントであり、いずれにしても家族皆が快適に暮らせるような家にしなければなりません。
家族の誰かが不便に感じるような家では、せっかく注文住宅で建ててもメリットを享受できませんし、不満が出てくると住み心地にも影響を及ぼします。
シミュレーションをしてみて決まらない部分が出てきたら、専門家にアドバイスをもらいながら解決策を探るのが一般的です。
専門家に相談をすると、まだ出ていない案が最善の方法として見つかることもあります。

注文住宅の間取りはどうする?まず普段の生活動線や家事動線を把握することが基本!

家族一人一人の生活パターンを把握することが、注文住宅のプラン決定に向けた第一歩です。
特に料理や洗濯などの家事が大きな負担になるので、生活動線を重視して間取りを決める姿勢も求められます。
施主が希望する間取りなどをハウスメーカーに伝えると、ニーズに合った注文住宅のプランを提示してもらえます。
特にキッチンを重視する場合には、食器棚や冷蔵庫の配置も考えて設計することが重要です。
設計と施工の実績が多い会社であれば、機能的な注文住宅のプランを構築することも可能です。
一方で共稼ぎの世帯が増加する中で、一般家庭で使われる生活家電の大型化も進んでいます。
特にまとめて洗濯をする世帯は、乾燥機能付きの大型機種を選ぶ傾向が強いです。
したがって設置に最適な洗面所を設計するときには、広さを重視するのが理想的です。
日常的に使う消耗品の収納スペースが充実した住まいは、特に暮らしやすいので人気があります。
全般的にゆとりを持って設計することが、暮らしやすいマイホームの実現にも結び付きます。

自由自在な外観デザインこそ注文住宅の醍醐味!基本的なデザインのタイプは知っておこう!

理想の家、理想の住まいを手に入れることは、多くの人にとって夢のひとつでしょう。
家は一生に一回の買い物であることが多いので、自分の気に入った家を建てたいものです。
建売住宅はすでに外観のデザインや間取りが決まってしまっていますが、注文住宅であれば、工務店や住宅メーカーの担当者と打ち合わせをして、自分の理想の家を建てることができます。
注文住宅の基本的な外観のタイプは、壁が4枚の正方形か長方形の四角い家です。
他とは違う家にしたいという希望や、四角ではない土地に合わせるためなど様々な理由で、真四角の家ではないこともあります。
注文住宅では、基本の正方形あるいは長方形の家の形に、土地のスペースの分の家の床面積を広げたり、出窓を出したり、玄関の部分を出したりすることができます。
もちろんその分費用はかかりますので、予算を考える必要がありますし、その家が建てられるような大きさ、広さの土地を手に入れておく必要もあります。

やっぱり費用が心配?プロに資金計画を相談して、コストを抑えた注文住宅を実現する!

注文住宅を造る際には、様々な費用が必要となっていきます。
土地を建てるためにかかる費用、建築時に要する予算など、工程毎に予算が必要となるのです。
分譲住宅とは違い、複数回に亘る決済が伴う以上、資金計画は慎重に行わなくてはいけません。
住宅メーカーの中には、事前に受けることが可能な、無料カウンセリングを開催するところも多く見られます。
注文住宅を建てる際には、金融機関のローンを活用する方が少くないものです。
自己資金を低く抑える場合には、土地の決済時と、建物の完成時の2回に亘るローン契約が必要になることも有り得ます。
多くの物件を手掛けてきた会社を使い、スムーズなローン申請を目指すことを心掛けましょう。
無料カウンセリングの際には、資金計画に関するシミュレーションが受けられます。
注文住宅を購入する際には、引っ越しに要する予算や、税金の納付に必要とする予算を検討することも必要となります。
転居後のメンテナンスなど、様々な面から予算を計算していくことが大切です。

注文住宅を造る際にはアフターサービスを重視する

注文住宅を建てる際には、アフターサービスの面を重視する必要があります。
新築で建てた家屋であっても、歳月が経つに連れて節々への劣化が見られていくことは珍しくありません。
注文住宅を建てる際には、予算の面での検討だけではなく、メンテナンス性を意識しておく必要があるのです。
注文住宅を造る際には、ハウスメーカーと工務店から依頼先を選ぶ形が少くありません。
どちらに施工を依頼するかは、住宅に求める事項によっても変わるでしょう。
ハウスメーカーの場合には、大手という安心感があります。
地域に密着した営業を営む工務店であれば、親しみやすさを感じ取れるでしょう。
殆どの会社では、事前に受けられる無料カウンセリングが実施されています。
家造りに関する相談をする際には、アフターサービス面の検討を含めて行うことを心掛けましょう。
キッチンやトイレなどの水回り部分は、居住設備のなかでも傷みやすい部分となります。
水回りを中心に柔軟な対処を行ってもらえる事業者を選んでいくことが大切です。

注文住宅を建築する場合は情報入手方法を事前に確認しておく

3年以内に住宅を建築した場合には、その注文住宅の情報の確認が必要になります。
一般的に注文住宅を建築する場合には、基本的に注文住宅の間取りなどを考えることも必要ですが、それ以前の問題として建築会社を選ばなければいけません。
注文住宅の建築会社は様々なところがありますが、まずどの会社が良いか情報入手をしておくことが大事です。
情報入手する場合に決めておきたい事は、どのような方向性の住宅にするかではないでしょうか。
例えば、和風住宅と輸入住宅では大きく建築方法が異なります。
そのため、和風住宅を建築したいと考えている場合には、少なくとも和風の建物を専門的に扱っている会社でなければいけません。
もちろんそれ以外のところでも引き受けてくれる可能性はあります。
建築会社としても、可能な限り仕事を引き受けたいと考えているからです。
しかしながら、実際には理想的な住宅ができるかと言えばそのような事はなく、やはり専門の会社にお願いをする必要があります。
これらは、ホームページを調べればある程度わかるようになるでしょう。

注文住宅で重要な住みやすさとデザインバランスの関係

注文住宅では、理想的な内装と現実的なデザインバランスを必ず考えなくてはいけません。
そもそも、注文住宅はクライアントから要求される様々な条件を受け入れることができる画期的なものです。
設計や内装はもちろん、そこに利用される素材から決めていくことが可能です。
そのため、日本には存在しないような欧米的な美しい物件を建設することも可能です。
実際に、海外から直接的に素材を輸入してそれを用いて建設を行っていくところも存在します。
ただ、注意が必要なのが実際に建設が行われて出来た物件を理想にはズレがある可能性がある点です。
注文住宅は、将来性を考慮して理想だけではなく安全性や快適性もきちんと無くてはいけません。
これらのポイントを無視して建設を行うと、デザインバランスが崩れてしまって住みづらい物件になる可能性もあります。
このような観点から、注文住宅では一方的に要求を伝えるのではなく業者側のアドバイスや提案もきちんと聞いておくことが大切です。

注文住宅であれば自分たちたけのオリジナルな住まいが実現できる

注文住宅の魅力といえば、やはり何といっても設計の自由度が高いことでしょう。
建物の外観デザインや外構ゾーンをはじめ、室内の間取りやインテリアあるいは水まわりの設備、さらには予算や工期に到るまで、自分たちの希望やニーズに合わせながら柔軟にプランニングすることが可能です。
このように自由設計の注文住宅であれば、自分たちだけが考えた世界に一つだけのオリジナルな住まいも、決して夢ではないでしょう。
例えば外観デザインであれば、伝統的な日本建築はもちろん、和洋折衷や和風モダン、あるいは南欧や北米のスタイルなど、あらゆる外観にデザイニングすることが可能です。
また間取りや構造についても、家族の年齢層や人数によって大部屋や子供部屋を増やしたり、バリアフリー化を徹底することもできますし、土地の狭さに対応して中高層の住宅にすることもできます。
さらに水まわりの設備も、日頃のライフスタイルや家事動線を考えながら、お洒落なアイランド型キッチンや高級感のある檜風呂など、様々なスタイルに仕上げることも可能になります。

狭い土地でも注文住宅は可能と言える理由とは

注文住宅となると広い土地を希望する人が多いようです。
確かに広々としたところに家を建てるなら、庭で子どもたちがプールなどで遊んだりバーベキューをしたり色々楽しめます。
しかし、狭い土地でも注文住宅を建築することは可能なのです。
中には10坪にも満たない土地に狭さを感じさせない快適な住宅が完成しているところもあります。
その理由としては、狭い土地でも有効活用していることと、コンパクトな家の注文住宅を専門にしているところに依頼して設計・建築しているからです。
例えば1階をお手洗い・洗面所・おふろなどの水回りにして2階をリビングと収納そして3階を夫婦の寝室と、子供部屋などを設けることで、狭くても家族の夢が詰まった住宅が完成します。
階段はスケルトンや螺旋階段にするならより一層限られたスペースを上手に活用できますし、空間が沢山あることで広い印象を与えます。
ぜひ、「土地が狭いから」とあきらめないようにしましょう。

注文住宅に関する情報サイト
家づくりの基本

当サイトは初めての注文住宅で悩んでる方向けに、家づくりの基本ポイントを教えています。建てて良かった思えるような理想の家を建てたいのなら、ぜひ参考にしてみてください。注文建築の住宅のキッチン選びにはデザインや収納、それからお手入れのどのようなポイントが大事なのかというテーマでも情報をご紹介しています。それに加えて日常生活にトイレは必要不可欠であるため、せっかく注文建築の住宅にするならトイレにもこだわり取り入れることの重要性にも触れています。

Search